ホーム エンタメ > 「見ててって言ったのに!」妻の追及に極論夫が謝罪、ついにわかってくれた…?【極論被害妄想夫 Vol.4】

「見ててって言ったのに!」妻の追及に極論夫が謝罪、ついにわかってくれた…?【極論被害妄想夫 Vol.4】

■これまでのあらすじ
一見、完璧な男…実はとんでもない極論被害妄想夫だった―…!

主人公すぐるは外資系企業に勤務し、36歳で年収一千万の超エリート。新築の一軒家には穏やかで美人の妻かすみ・可愛い娘ふたりと暮らし、傍から見れば順風満帆な人生なのですが…。

ある朝すぐるが飲み残したコーヒーをシンクに流しているのを見た妻かすみが「水で流しておいてくれると嬉しい」と伝えると、突然不機嫌になり「もう二度とコーヒーを飲むなってことね」と極論で返してきたのです…。

挙句の果てに「僕は稼いでいてかすみは専業主婦なんだから」と話をすり替え仕事へ向かってしまったのでした。

すぐるは次女が産まれてからのかすみは小言が増えたと感じてるよう。先日、料理をしている間次女を見ていて欲しいと頼まれたものの、スマホに夢中で次女が転んでしまい…。

■子どもみたいな言い訳を繰り返す


■逆ギレの果てに…

子どもが危険な目に遭い思わず声を荒げてしまったかすみ。当然です!

それに対し、まるで駄々をこねる子どものように言い訳を繰り返すすぐる。

一旦は素直に謝ったかと思いきや、またもや極論で返してきたすぐるに思わず「二度とスマホを見るな!」と言ってしまいそうな展開ですね。

いったい誰のためのご飯を用意していると思っているのでしょう。少しの間も育児ができないのなら、自分のご飯くらい自ら用意するべきですよね。


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ