ホーム エンタメ > ボイスレコーダーの存在に動揺する夫 録音されていた音声に絶対絶命!?【極論被害妄想夫 Vol.57】

ボイスレコーダーの存在に動揺する夫 録音されていた音声に絶対絶命!?【極論被害妄想夫 Vol.57】

■これまでのあらすじ
主人公・すぐるは年収一千万を稼ぐエリート。被害妄想が激しく極論を押し付けることで自分を正当化、妻はいつも我慢を強いられていました。しかしすぐるが理不尽に娘に当たったことが許せず妻は離婚を宣言。絶対に非を認めないすぐるが謝ってきたことで一度は許してしまいますが、その後娘の目の前で責められ手をあげられ、再び離婚を決意。お互いの両親を含め話し合いをするが、すぐるの父は離婚を許さない様子。そこで、すぐるが手をあげた証拠を突き出したのでした。

■証拠があるとも知らず焦るすぐるは…


■確たる証拠を目の当たりにしたすぐる一家

ボイスレコーダーの登場に動揺するすぐる。双方の両親の前でボイスレコーダーを再生すると、妻を責め立てるすぐるの声と、娘の目の前で妻に手をあげたと思われる音声が…。

決定的な証拠の存在に、すぐるの両親はなんと言うのでしょうか。



(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ