ホーム エンタメ > 「こうはなりたくない」が呪いになる? うしろめたさを感じる原因とは【わたし、迷子のお母さん Vol.13】

「こうはなりたくない」が呪いになる? うしろめたさを感じる原因とは【わたし、迷子のお母さん Vol.13】


この漫画は書籍『わたし、迷子のお母さん ある日突然、母親するのが苦しくなった』(著者:らっさむ)の内容から一部を掲載しています(全13話)。

■これまでのあらすじ
子どものためにこれまで築いてきたキャリアを手放すことができず、子育ては一生続くわけじゃないのだからと、育休前と同様に仕事を頑張ろうと思っていた楓は、ずっとうしろめたい気持ちを抱えながら良い母親に見えるように演じていました。母親として失格なのではという気負いもあったのですが、どのように振るうのが正しいのか分からなかったのです。もちろん、いろはのことは愛しているのに、母としてうまく立ち回れない自分に対してモヤヤモヤした気持ちが積み重なっていたのでした。








加持のお姉さんから聞いた、きょうだい育児に悩んだあるママの話。いつまでもダメな自分を拒絶して、理想ばかりに囚われていると、呪いはいつまでも解けないのかもしれない…。

自分の中にある認められない部分を探し、受け入れてみればこれまでと違う世界が見えるかもしれない。

楓のうしろめたさの原因は何なのか。

気になる続きは書籍で!

『わたし、迷子のお母さん ある日突然、母親するのが苦しくなった』
著者:らっさむ(KADOKAWA) 
「わたし、迷子のお母さん ある日突然、母親するのが苦しくなった」はこちら

子育てや仕事がうまくいかなくても「いい母親でいなきゃ」いけない…。そんな呪いに囚われてしまった会社員の楓は、一人娘のいろはの登園渋りに頭を悩ませていました。起業したばかりの夫は家のことに無関心で、閉塞感漂う自分の境遇に希望が持てない楓の苦悩は限界に達していたのでした。


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ