ホーム ダイエット・ボディケア > よく見ると、爪の色が変!「青い爪」が示す健康状態とその改善法

よく見ると、爪の色が変!「青い爪」が示す健康状態とその改善法

爪は自身の健康状態を映し出す鏡のようなものだといわれています。顔色や肌つやのように、爪の色や形が変化して、身体の異常を知らせてくれることがあるのです。

そもそも爪ってなにでできている?

爪は第二の皮膚と呼ばれていて、顔色や肌の調子が悪いのと同じように、爪の色や形などでその人の健康状態がわかるといわれています。

そもそも、爪は皮膚を守るために、皮膚の一部が硬くなってできたもの。ケラチンというタンパク質が変化したものでつくられています。つまり、丈夫な皮膚を作るのに欠かせない栄養素は、美しい爪を作るためにも欠かせない栄養素でもあるわけです。

とくに爪は、体の一番端にあるので、栄養が十分に行き渡らないことがあります。偏った食生活などで、体に調子の悪いところが出てくると、それが爪にも顕著に現れてきます。

引用:スキンケア大学

青い爪が示す身体の不調とは?

爪が割れたり、でこぼこになったり、色などに何か異変が現れたら、肌と同じように体の不調を現わしている場合があります。

青白い爪

極端なダイエットをする方が増え、極度の貧血を起こしていたり、肝硬変や腎不全を起こしている場合もあります。

白く薄い爪になり爪の湾曲を起こしたら栄養障害を起こしていると考えられる場合もあります。

引用:スキンケア大学

青紫色の爪

肺疾患や、先天的な疾患によって爪の色が青紫色になることがあります。青いだけでなく紫色がかっているのが特徴です。黒っぽい紫色の場合、チアノーゼの症状が現れていると考えられます。

その他、血流が滞っているサインでもあり、悪性の貧血や心臓疾患も疑われます。

引用:スキンケア大学

青い爪が確認されたら意識してとりたい栄養

爪が青っぽい色になるようなときは、鉄分をとることが大切といわれています。鉄分は、赤血球の材料になるといわれており、これが不足すると指先まで酸素が届かず、爪に必要な栄養が運ばれないことがあるためです。

鉄分を多く含む食べ物には、レバー、ひじき、あさり、大豆製品、小松菜、きくらげなどがあります。とくに貧血の人は、爪にも影響が出ることがありますので、意識して摂るようにしましょう。

ちなみに、これらの食べ物が苦手な場合、鉄製の鍋やフライパンで調理したり、鉄のやかんで沸かしたお湯でお茶を飲むことでも、少しですが鉄分を補うことができます。

引用:スキンケア大学

毎日観察をして小さなサインも見つけよう

痛みもないことから爪をよく見るということは少ないでしょう。しかし、毎日観察することで色の変化を敏感に察知できます。いつもより青っぽく感じることがあれば内部疾患の可能性も考えられますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

シェア Google+

関連記事

P R