ホーム コラム > 集中力&効率もアップ 毎日できるお手軽マインドフルネス

集中力&効率もアップ 毎日できるお手軽マインドフルネス

忙しいイマドキ女性にオススメ 日常生活で手軽にできるマインドフルネス術とは

[拡大写真]

忙しいイマドキ女性にオススメ 日常生活で手軽にできるマインドフルネス術とは
 仕事もプライベートも頑張るイマドキ女性たち。公私共に忙しい毎日に追われていると、心が休まる暇がなくて、心身が疲れてしまうことが…。近年欧米を中心に注目が集まっているストレス解消法「マインドフルネス」を取り入れて、上手に集中&リフレッシュさせて。エフティ資生堂のマインドフルネス研修で講師を務めた西本真寛さんが、日常生活で手軽にできるマインドフルネス術を伝授。

 エフティ資生堂はいち早くこのマインドフルネスを取り入れ、社員研修にも活用しているそう。注目キーワードではあるものの、そもそもマインドフルネスとはどういうもの? 「ていねいに生きる心の状態。イメージでいうと“心ここにあらず”の反対の状態を指します。今、そこで起きていることに集中している状態です」と西本さん。

 意識を集中させる状態を維持させるのはなかなか難しいもの。「現代人の集中力は、今は約8秒と言われています。2000年には約12秒だったところが、さらに低下しているんです。原因のひとつは注意力の散漫。テレビやパソコン、スマートフォンなどの普及により情報が多かったり、意思決定をする場面が非常に多かったりするためと言われています」(西本さん・以下同)。

 パソコンや資料、メールなどを見ながらランチをしたり、 リゾートに来ているのに仕事のことを考えてしまったりといったことは、誰しも経験があるはず。マルチタスクは忙しい現代人の常識ではあるものの、そのような状態が続くと、集中力が散漫になったり、心が休まらなかったりするんだそう。「そのような状態から、意識的に今起きていることに集中する“注意のトレーニング”がマインドフルネスなんです」。

 集中力を高めるトレーニングは意外と簡単で、姿勢、呼吸、注意の3つがポイント。「姿勢を正して、吸う時間より吐く時間を長く、ゆっくりとした呼吸をしてください。ほかの事を考えないように、意識を今起きていることに持ってくるようにして」。メールを送る前や電車通勤の中など、日々の何気ない場面で行うだけでOK。このトレーニングを繰り返すことによって普段から集中力や効率が高まり、ストレスや不安の軽減、パフォーマンスの向上につながるそう。

 ひとつのことに意識を傾けることで集中力が高まりリフレッシュへ結びつくマインドフルネス。研修を開催したエフティ資生堂は、“自分へのご褒美”として、濃密な泡に包まれながら集中して洗顔を行うマインドフルネス美容を提唱しているけれど、雑念を払ってスキンケアに集中する時間を作ることで、気持ちが落ち着きストレス解消につながることが研究の結果判明しているんだとか。心身のリフレッシュ&リラックスにつながり、集中力アップにもつながるお手軽マインドフルネス。ぜひ日常に取り入れてみて。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R