ホーム エンタメ > 齋藤飛鳥、大の字で寝転がり脚線美を露わ 楽屋で見せたリラックスショット

齋藤飛鳥、大の字で寝転がり脚線美を露わ 楽屋で見せたリラックスショット

大の字になって寝転がる齋藤飛鳥(撮影/若月佑美)=『乃木撮』より

[拡大写真]

大の字になって寝転がる齋藤飛鳥(撮影/若月佑美)=『乃木撮』より
 人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバー全員がデジカメを持ったカメラマンとなり、お互いのオフショットを撮影した写真集『乃木撮』(6月26日発売・講談社)から、先行カットとして齋藤飛鳥(19)が大の字になって寝転がり、脚線美を露わにした写真が公開された。

 このカットは若月佑美が撮影したもので、昨年に齋藤が初主演を務めた舞台『あさひなぐ』の楽屋での1シーン。プレッシャーのかかる初主演舞台のつかの間の休憩時間に、メンバーの前だけで見せる解放感たっぷりのナチュラルなショットで、見る方も思わず笑顔になってしまう1枚だ。

 本作の公式ツイッター【@nogisatsu】では、発売に向けてメンバー同士で撮影した“ムービー版乃木撮”が続々と公開中。4月30日には白石麻衣(25)がメンバーを自撮りした集合動画をアップし、「メンバーのわちゃわちゃ感がかわいい!」「なぁちゃん(西野)、いくちゃん(生田)、かわいすぎやしませんか?」「みんながギュッと集まることで、美しさが改めて際立っている!」など、SNS上で大いに盛り上がっている。

 本作は昨年2月から『FRIDAY』でスタートした連載をまとめたもので、このようなメンバー同士のほほ笑ましい絡みをはじめ、1年半にわたって撮影された1万枚以上の写真から選んだ珠玉のカットが240ページの大ボリュームで収録予定。連載では掲載できなかった未公開カットも大量に掲載される。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R