ホーム エンタメ > 平手友梨奈が魅せる、1920年代のジャパニーズモダン 蜷川実花氏とコラボレーション

平手友梨奈が魅せる、1920年代のジャパニーズモダン 蜷川実花氏とコラボレーション

『装苑』9月号に登場する平手友梨奈 撮影:蜷川実花

[拡大写真]

『装苑』9月号に登場する平手友梨奈 撮影:蜷川実花
 今年1月に欅坂46を脱退した平手友梨奈(19)が、28日発売のファッション誌『装苑』9月号(文化出版局)に登場。写真家・蜷川実花氏とのコラボレーションで、濃厚かつ新鮮なビジュアルを作り上げた。

 同号から、蜷川氏が未来を感じる女性たちを撮り下ろす連載「One Thousand and One Nights 蜷川実花と未来の女の子たち」がスタート。ビジュアルは、毎回、一つの古典的な物語や絵画がインスピレーション源。まるで「千夜一夜物語」のように美しく、時に妖しい世界を紡ぎだしていく。

 記念すべき第1回のゲストは、今年10月に出演映画『さんかく窓の外側は夜』の公開を控え、ますます輝きを増している平手。1920年代のジャパニーズモダンの世界観で、強烈な存在感と美しさを放った。

 同号にはそのほか、EXIT、ハナコ、かが屋、市川染五郎、オカダ・カズチカ、武尊、増田貴久(NEWS)、吉岡里帆などが登場。表紙を飾ったのは中島健人(Sexy Zone)&平野紫耀(King & Prince)。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R