ホーム ダイエット・ボディケア > 日本代表として世界に挑むモデル結子 10代での出産と離婚、摂食障害の過去を告白

日本代表として世界に挑むモデル結子 10代での出産と離婚、摂食障害の過去を告白

日本代表として世界に挑むモデル結子 10代での出産と離婚、摂食障害の過去を告白
 身長178cm股下92cmの美ボディを武器に世界に挑む女性がいる。モデル結子(25)だ。2018年8月、世界24カ国のトップモデルが集まる国際モデル大会『World Supermodel Production』の日本代表を決定する『World Supermodel Japan(WSJ)』でグランプリを獲得し、今年4月にフィジーで行われる世界大会への切符を手にした。だが、その栄光の影には体型コンプレックス、結婚で一度は諦めたモデルの道、摂食障害など、壮絶な過去があった。世界を目指すママモデル、結子に話を聞いた。

モデル・結子 股下92cmの圧巻ボディを大胆披露

  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎
  • モデル・結子 撮影/臼田洋一郎

>> Photo Galleryをもっと見る

10代で結婚・出産・離婚、21歳で一度は諦めたモデルの道に

――昨年、開催5回目となった総合ブライダルメーカーTAKAMI BRIDALが主催する『World Supermodel Japan(WSJ)』ですが、“世界に通用する日本女性ならではの魅力をもつ次世代のトップモデル”の発掘を目的とする同コンテストに出場されたきっかけを教えてください。

【結子】 16歳でモデルを始めてから、世界で勝負できるモデルになりたいと思っていました。モデルと言っても日本では178cmの身長は高すぎて、オーディションを受けられないこともあったんです。でも、世界では当然のように180cm前後の長身のモデルが活躍していますよね。だから私も世界に出たかった。『World Supermodel Japan(WSJ)』で日本代表になり、その後の世界大会『World Supermodel Production』で優勝すると、ニューヨークの大手モデル事務所と契約ができるんです。世界で活躍するという夢の一歩を踏み出すためにエントリーしました。

――現在、6歳の娘さんを育てるママとうかがっています。そんな結子さんが東京でモデル活動をスタートさせたのは2014年。結子さんは21歳で娘さんが3歳の頃だったんですよね。

【結子】 2014年の『ミス東京ガールズコレクション』で特別審査員賞受賞したことを機に、モデル業に復帰しました。実は、一度、モデルを辞めているんです。10代から出身地の福岡でモデルの仕事をしていたのですが、結婚を機に家庭に入って。その後、19歳で出産しましたが離婚して…。両親とともに生活拠点を東京にうつし、子育て中心の日々を送っていましたが、モデルになることを諦めきれないことに気がついたんです。それで、最後の挑戦と心に決めてコンテストに出場しました。

――この時のミスコンは応募約2万人の大規模なものだったとか。

【結子】 私は元来メンタルが弱くて自信がないタイプ。結婚後、1年半ほどモデルの世界と遠ざかっていたから、自信は全くありませんでした。でも、モデルとして結果をだせないまま家庭に入ってしまったので、例え高いハードルだったとしても、もう一度だけチャレンジしたかった。そこで、特別審査員賞をいただいて、審査員の方々から「モデルとして活動していったほうがいい」と声をかけてもらえたことが、今につながっています。

――モデルになることは小さい頃からの夢だったんですね。

【結子】 そうですね。母が福岡でモデルをしていたので、小さい頃からきらびやかな世界に憧れていました。16歳の時に福岡の街でスカウトされたのですが、なんとその方、偶然にも母がモデルをしていた頃にマネージャーをされていた方だったんです。私が娘だと知らずに声をかけてくれたそうで、そんなこともあって、モデルという職業に何か運命的なものも感じていました。

「炊飯ジャーを抱いて眠ってた」壮絶な摂食障害からの脱却

――一児のママとは思えない圧巻のプロポーションですが、これまで、ボディの悩みとは無縁だったのではないですか?

【結子】 いえ、その逆です。子供の頃に背が高いことでいじめられた経験があり、体型はずっとコンプレックスでした。東京でモデルとして再スタートした後も拒食と過食を繰り返してしまって、これまでずっと体重との戦いでした。

――今の結子さんからは想像がつきませんね。

【結子】 今では日本の女性の間にも、体を鍛える美ボディブームが浸透しています。けれど、つい最近まで細ければ細いほうがいいというのが日本人の美の観点だったし、みんなの憧れでしたよね。私も長く痩せたいという思いにとらわれていました。私の場合は痩せようとしてトレーニングすると脚に筋肉がつきすぎてしまう。だから友達と食事をした後に吐いたり、極限まで食べないようにしたりと、無理なダイエットをして摂食障害に悩まされたこともありました。その反動から過食に走ってしまうことも。朝、ベッドの中でコンビニ弁当に囲まれて目が覚めたり、炊飯ジャーを抱いて眠っていることもありました。          

――いつ、どのように摂食障害を乗り越えられたのですか?

【結子】 時期でいうと2017年の始め頃だと思います。『ミス東京ガールズコレクション』で賞をいただいてモデル業に復帰したはずなのに、拒食と過食を繰り返し、モデルとしてベストとは言い難かった。そこで、昨年8月の『World Supermodel Japan(WSJ)』への出場を目標に、“体重にとらわれず、自分のなりたいボディを作ること”と意識改革を行ったんです。

イメージが具体的であるほど、努力も楽しくなります。ただ、ストイックになりすぎず、リラックスして過ごす日を作るなど、メリハリを大切にしましたね。例えば、私はお酒が好きなので、コンテストを前にして体を絞りたいと思っている時でも、友人と飲みにいく時間を作っています。そのぶん、次の日には必ずホットヨガやジョギングなどで午前中までに前日に摂った余分なカロリーを消費する。そうすると、案外、何を食べても大丈夫なんですよ(笑)。

国際モデル大会へ、日本の代表として挑む

――摂食障害を克服され、『World Supermodel Japan(WSJ)』大会前に体重を8kg絞ったのだとか。結子さんおすすめのエクササイズはありますか?

【結子】 おすすめしたいのは、ウォーキングです。コツは、肩甲骨を寄せて、太ももの内側に力を入れて歩くこと。全身のシェイプアップはもちろんですが、脚やせに効果バツグンです。私はこれで太ももが5cm細くなりましたから、個人差はあると思いますが必ず結果が出ることを約束します(笑)。

――現在は、4月の世界大会出場に向け、ボディメイクやポージングなどの最終調整を行っている最中とのことですが、意気込みを聞かせてください。

【結子】 世界で活躍するチャンスを得るために、必ず優勝することです! 優勝したら次に必ず実現させたいのは、私が世界で活躍したいと思うきっかけになった下着ブランド『ヴィクトリアシークレット』のモデルになること。このブランドのショーモデルはみんな、筋肉美が完璧。現代の美ボディの象徴的な存在なんです。日本人初の“ヴィクシーモデル”になるのが今一番の目標ですね。

――紆余曲折を経て、理想のモデル像に着実に近づいていますね。最後に、シングルマザーとして仕事と子育てをどのように両立されていらっしゃるのか教えていただけますか?

【結子】 今、小学生の娘とは、接する時間がどうしても少なくなるのが悩みです。だから、一緒にいられる時間は私の思いをなるべく多く娘に伝えたいと思っているんです。父親の役目も私がしないといけないので、時には「今はお父さんだぞ!」と少し厳しめに接することもあります。礼儀や人として大切なことは幼い頃から教えてきましたね。娘はモデルの仕事に興味があるようで、お母さんのようになりたいと言ってくれているので、将来、親子三代でモデルとして活動できたらいいなぁと、ひそかに夢みています。 

インタビュー・文/宇治由美子 撮影/臼田洋一郎

PROFILE
結子(ゆいこ) 2014年、「ミス東京ガールズコレクション」特別審査員賞を受賞し、本格的にモデルデビュー。以来、ブライダルショー、TVCMなどで活躍。2018年8月「World Supermodel Japan 2018」でグランプリ受賞。2019年4月に世界24カ国からトップモデルが出場する「The 11 th World Supermodel Production」に日本代表として参加する。

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019