ホーム ペット > 「在宅ワークに集中できないのですが…」突進してきた柴犬親子に反響、”2匹との戯れ”が飼い主さんの最重要ミッションに

「在宅ワークに集中できないのですが…」突進してきた柴犬親子に反響、”2匹との戯れ”が飼い主さんの最重要ミッションに

在宅ワークの飼い主さんをじーっと見つめる、黒柴犬の親子

在宅ワークの飼い主さんをじーっと見つめる、黒柴犬の親子

 在宅勤務の企業が増えているなか、自宅で動物を飼っている飼い主さんたちのほっこりするSNS投稿が話題に。なかでも反響の大きかったのは、黒柴りつ&すみさん(@kuroshiba_ritsu)のアカウント。「犬のいるリビングで在宅勤務の運動不足解消ストレッチをしようとした結果。」という言葉とともにTwitterにアップされた動画には、腕立て伏せを始めた飼い主さんに突進していき、床と身体の隙間に入り込む柴犬親子の姿が。テンション爆上げで飼い主さんの顔をビンタして舐めまわし、悶絶して最終的にストレッチをやめてしまう飼い主さんが映されている。投稿には「一緒です(笑)」「身体的ストレスは難しいですが心的ストレスは蒸発ですね」「こんな可愛いトレーニング毎日したい」との声が集まった。

ときには背中に乗って“負荷”として協力してくれることも

 飼い主さんは「床に寝っ転がった人間って、いいアスレチックなんですよね」とコメント。投稿された動画には映っていないが、ときには背中に乗って“負荷”として協力してくれることもあるそう。

突進していった黒柴犬の親子は、りつ(母犬・2歳)とすみ(仔犬・4ヵ月)。仔犬のすみは、2匹の兄弟とともに昨年11月に誕生した。仔犬3匹で“柴犬ケルベロス”とSNSで話題になっていたが、そのお世話をする生活はとにかく「ドタバタな毎日だった」と飼い主さんは当時を語る。

「朝晩の『お腹がすいた!』という仔犬たちの大合唱(かなりの大音量)と日々のトイレ掃除は、分かっていても大変でした(笑)。仔犬ちゃんたちは、人が近づいてくると群がって飛びついてきたので。とても人懐っこいところや、天使のような寝顔…ドタバタな毎日でしたが、全部がかわいかったです」

 成長後、すみ以外の仔犬2匹は縁のあったご家庭に引き取られ、それぞれ元気に暮らしている。“マイペースで甘えん坊”だという仔犬・すみは、他の兄弟よりも人見知りでソファの下や隅っこにいるのが好きだったというが、今では母犬りつの毛づくろいをしてあげるまでに。
「自宅に仔犬たちがいる間は、もう少し大きくなるまでの間、兄弟同士で遊んだり、人や環境に慣れるように、なるべく色々な経験をさせてあげたいとお世話してきました。この間まで赤ちゃんだったのに、犬の成長は早いですね。これからも2匹とにぎやかに楽しく暮らしていきたいと思っています」

PROFILE/黒柴りつ&すみさん
黒柴りつ&すみ親子との毎日を発信。2019年11月に仔犬が誕生し、そのお世話をする日々の様子がSNSで反響を集めた。3匹の仔犬たちとのドタバタな日常が投稿されているInstagramとYouTubeにも注目。

Instagram:https://www.instagram.com/kuroshiba.ritsu/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UClEZ-DDQzGy3T79x1v1VZSA

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R

eltha イチオシ特集