ホーム レシピ > withコロナ時代の“無理しない”弁当本がヒット「弁当作りのハードルが地上40cmまで下がった」

withコロナ時代の“無理しない”弁当本がヒット「弁当作りのハードルが地上40cmまで下がった」

初心者や男性からの反響も 華やかではなくとも“生活に根付いたお弁当”を

――幅広い世代から「お弁当作りが楽になった」、「無理なく続けられる」との声が多く上がっています。
【藤井】そういったお声をいただけて本当によかったし、嬉しく思います。お料理が好きな方や得意な方ばかりではないですから。私自身も、料理研究家という仕事をしているとはいえ、毎日お弁当を作るのは本当に苦痛でした(笑)。なので、今お弁当を作っている方に、少しでも楽に思ってもらえたら幸いです。

――“こんな人に手に取って欲しい”という思いはありますか?

【藤井】「もうお弁当なんか作りたくない」と思っている方に一度見て欲しいです(笑)。今回は幼稚園生向けではないですが、お弁当作りが初めての方にもぜひ見ていただけたらと思います。あとは、男性にもオススメです。実は、社会人になって一人暮らしを始めた甥っ子も「本を見て作れるようになったよ」と連絡をくれて。実際に活用してくれて、とても嬉しかったですね。

――コロナ禍で、自分のために毎日お弁当を作ったり、外食をせず家で料理をする機会も増えたように思います。毎日続けるためには、無理せず作れることが重要なのかもしれませんね。

【藤井】お弁当も食事も、無理をしないことが一番心の栄養になると思います。ストレスになってしまったら、何もいいことがないですから。今回は、何品も入っている華やかなお弁当ではないけれど、“生活に根付いたお弁当本”ができたと思っています。

――娘さんが成長されて、お弁当作りは卒業されたということですが、改めて、お弁当を作っていた頃を思い返していかがですか?

【藤井】今は、作っていてよかったなと思います。大変でしたし、何度も500円玉を持たせて「これで買って」と言おうかと思いましたが、結局作り続けたんですよね。もうちょっと楽してもよかったかもしれないと思うので(笑)、みなさんにはぜひ楽になって欲しいです。

――最後になりますが、今後取り組んでみたいテーマがあれば教えてください。

【藤井】私自身お酒が大好きなのですが、今はなかなか気軽に会食や飲み会ができないですよね。今までおつまみ本はたくさん出しているのですが、今度は洒落たものではなく、私が普段仕事を終えた後に簡単に作っているおつまみの本を出したいです。

――確かに、家飲みする方も増えていますよね。

【藤井】手をかけなくてもおいしいものって、意外とたくさんあるんです。“ちくわのマヨ辛し和え”とか、“千切りキャベツの塩昆布和え”のように、おいしくていくらでも食べられる簡単なレシピをまとめて本にできたらいいなと思っています。

< 1 2 3

【レシピ】お弁当はワンパターンでいい!卵焼き器1つで『藤井弁当』

  • 簡単なだけではなく「五感」で楽しめる“藤井弁当”
  • 5日間ワンパターン弁当を作ると体が覚えていく。基本の弁当1
  • 弁当1作り方(1)
  • 弁当1作り方(2)
  • 弁当1作り方(3)
  • 弁当1作り方(4)
  • 弁当1作り方(5)
  • お弁当1【メニュー】鶏肉の塩こしょう焼き、塩ゆでブロッコリー、甘辛卵焼き
  • 弁当2【メニュー】ポークチャップ、塩ゆでアスパラ、バター風味の卵焼き
  • 弁当3【メニュー】塩ざけ焼き、いんげんおおかか和え、ごま油香る卵焼き

>> Photo Galleryをもっと見る

■PROFILE
藤井恵(ふじい・めぐみ)。雑誌や書籍、テレビなどで活躍する料理研究家、管理栄養士。エネルギー量や塩分量、栄養のバランスを考えたヘルシーなレシピから、おいしくておしゃれなレシピ、酒のつまみまで、得意分野は広い。今年1月に発売した『藤井弁当』のほか、『藤井恵さんの体にいいごはん献立』『もやし100レシピ』(いずれも学研プラス)など著書も多数。

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ