ホーム ペット > 待ちに待った”ストーブ解禁”を心から楽しむ柴犬の様子に反響「恍惚の表情とはまさにこのこと」

待ちに待った”ストーブ解禁”を心から楽しむ柴犬の様子に反響「恍惚の表情とはまさにこのこと」

 寒さが増す12月、ストーブが解禁されたお宅でなんとも言えない幸せそうな表情を浮かべる柴犬が話題に。柴犬のこたろうくんは毎年この日を楽しみにしていて、飼い主さんがストーブをつけると、一目散に場所取りをして暖をとっているという。普段は“弟分”とよばれる飼い主さんの息子さんの様子も気に掛けている柴犬こたろうくん。頼もしい“長男”として立ち居振る舞いやツイートの反響について飼い主さん(@kotaro_chang)に話を聞いた。

”ストーブ解禁”を心待ちにしていた柴犬こたろうくん

 「大好きなストーブが解禁された犬」という文言とともに、ツイッターに投稿された柴犬こたろうくんの写真には「うちの子もです!」「恍惚の表情とはまさにこのこと」「この座り方…ぬくぬくして気持ち良さそうな表情も可愛い」と反響のコメントが殺到。15万をこえるいいねを集めた。

「こんなに反響があるとは思わなかったのでかなり驚きました。皆さんが可愛いと言ってくださることに関しては、私もこたろうがストーブにあたる姿を見るたびに可愛いなと思っているので完全に同意です。毎年毎年、本当にストーブの登場を楽しみにしているみたいなので、念願叶って本当に良かったね…という気持ちです」と飼い主さんは反響を語っている。

「こたろうがなるべく快適に過ごせるように、工夫して暮らしていきたい」

 柴犬こたろうくんは、気持ちよさそうな表情をしてストーブ前でくつろいでいるが、実際は飼い主さんの息子さんを気に掛ける“長男”としての役割も。飼い主さんのツイッターには、息子さんに遊ぼうと誘われるも釣れない態度をとるこたろうくんの動画や、一方で息子さんと仲良く絵本を読んでいる写真など、お互いの関係性が垣間見える投稿がアップされている。

「お互いの様子を見ていると、赤ちゃんの頃はこたろうがひたすら我慢をしていたように感じましたが、最近は息子のご飯を盗み食いしようとしたり、若干の上下関係を見せようとする時があります。息子はこたろうをヨシヨシと撫でたりと、息子なりに可愛がっているみたいです。もう少し成長したら一緒にお散歩したいので、このまま仲良くいてほしいと思っています」

 最近少しずつ発語が増えてきた息子さん。こたろうくんのことは「わっわ!」と呼べるように。こたろうくんとの関わりが、息子さんの成長にも今後良い形で関わっていきそうだ。

「先日、息子が階段を登る時にこたろうも一緒に登って欲しかったらしく『おーい!わっわ!』と必死に呼びかけていたのにこたろうに無視されていて可愛かったです。今後も、こたろうがなるべく快適に過ごせるように、工夫して暮らしていきたいなと思います。SNSでも今のようにこたろうの日常を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします」
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)