ホーム 動物&ペット > 散歩に行きたくないワンコと元気な1歳児の関係性に、飼い主さん「娘の一方的な片思いなんです(笑)」

散歩に行きたくないワンコと元気な1歳児の関係性に、飼い主さん「娘の一方的な片思いなんです(笑)」

 飼い主さん宅の玄関前で、なんとも言えない表情を浮かべるポメラニアンの写真がツイッターで話題に。写真のポメラニアンはレイちゃん(オス・5歳)で、飼い主さんによると“心の声”がよく表情に出てしまうのだという。この日は、飼い主さんの娘さん(1歳)が散歩に意欲的で、犬と散歩をしたくてたまらない娘さんと困り顔を続けるレイちゃんのテンションの落差に「微笑ましい関係性」「目で色々なことを語っているワンちゃんですね」「ワンちゃんも1歳には勝てませんよねぇ」と多数の反響コメントが。飼い主さんに、犬と娘さんの関係性を聞いた。

「気分の乗らないときに、困った顔をすることが多い」

――気だるそうな表情で散歩に行くポメラニアン・レイちゃんの写真は9.5万いいねを集めて反響。「目が助けてって訴えてる」「困り顔もかわいい」とコメントがあがっていました。あらためて反響についていかがですか?

「ツイッターを始めてから1ヵ月しか経っていなかったので驚きました。可愛いと言っていただけてとても嬉しかったです」

――娘さんがリードを持って歩く姿も、とても微笑ましかったです。

「自宅の前が私道になっていて、関係者以外は通行禁止の道なので、周囲の状況を確認して、娘にリードを持たせました。写真では細かい状況が伝わらないので心配もありましたが、大勢の方があたたかい目で見てくださりありがたかったです」

――「散歩に行きたくない」とレイちゃんの表情からよく伝わってきましたが、逆に散歩に行きたくてたまらない1歳児の娘さんには、なかなか伝わらない。その状況が本当によく分かる写真でした。普段のレイちゃんは、どのような性格なんですか?

「ものすごく穏やかで優しい性格です。 もともと散歩が好きな方ではないので、気分の乗らない散歩に行く時は困った顔をすることが多いです。それとシャンプーやドライヤーの時もこういう顔をします(笑)」

娘さんが成長したら「お互い最高のパートナーになってくれると思います」

――ポメラニアンのレイちゃんと娘さんは、どのような関係性ですか?

「娘の一方的な片想いです。娘はとにかく犬が大好きで、構ってほしくてしょうがないのですが、毎回犬がさらりとかわしています。ただ、散歩中よそ様のわんちゃんがベビーカーに足をかけたりすると、普段は穏やかで怒らない犬が吠えて立ち向かおうとするので、群れの一員と守ろうとしているんだなと感じます」

――娘さんの成長にワンちゃんが関わっているなと感じる部分はありますか?

「どんどん言葉が出てくる時期ですが、犬関係の言葉(わんわん、名前、かわいい等)はすぐに覚えました。 体が丈夫で足腰が強いのも、犬と一緒に散歩をして動き回っているおかげかなと思っています」

――飼い主さんから見て、ポメラニアンのワンちゃんのもっともかわいいなと感じるところはどこですか?

「全部可愛いです! 仔犬の頃も可愛かったですが、歳を重ねれば重ねるほど可愛いと感じます! キャピキャピしてたのが、だんだんおじさんっぽくなり、増えてきた鼻のほくろも、変わってきた毛色も最高に愛おしいです」

――今後レイちゃんと娘さんとやってみたいことなどありましたらお聞かせください。また、今後はSNSでどのような発信をしていきたいですか?

「娘が成長してもう少し理性がついてくると、きっとお互い最高のパートナーになってくれると思います。何かを期待すると言うよりは2人とも元気に楽しく過ごしてくれればそれ以上はありません。2人の関係は2人で作り上げていってほしいので、これからも見守っていきます」

Twitter:https://twitter.com/Pomeranian2015

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)