ホーム 動物&ペット > 可愛く“おねだり”ポーズも…いちごを食べるハムスターがまるで妖精と話題「おやつに触ると怒る食いしん坊な一面も」

可愛く“おねだり”ポーズも…いちごを食べるハムスターがまるで妖精と話題「おやつに触ると怒る食いしん坊な一面も」

ハムスター,音と歌,

ハムスターの歌くん

 「動くとちおとめの妖精が可愛すぎる」という一文とともにTwitterに投稿された、全身を使っていちごを食べるハムスターの動画が大きな話題を集めている。飼い主である音と歌さんによって投稿されたもので、飼っているハムスターの歌くんに「絶妙な抱き枕感が可愛すぎる」「ほんと妖精さん」などと、その愛くるしい姿にコメントが寄せられた。ハムスターと暮らしてからの生活や心境の変化、ゲージから脱走したエピソードなどの話を聞いた。

ハムスターの音と歌フォトギャラリー

  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)
  • ハムスターの歌くん(@oto_hamster)

>> Photo Galleryをもっと見る

「まるでいちごの妖精みたい…」でも、与えすぎには注意しています

――歌くんがいちごを食べる姿がツイッターで大きな反響を呼びました。その夢中になっている様子を初めて見たときは、どのように感じましたか?

音と歌さん 「いちごの妖精みたいだ…可愛い!!」と思いました。ハムスターも好き嫌いがあって、歌はどうやらいちごが好きみたいで、いつでも夢中になって食べています。

――SNSでは、ひまわりの種などの印象が強く「ハムスターって、イチゴ食べるんだ!初めて知った」といったコメントも見られました。ハムスターは、フルーツが好物なのでしょうか?

音と歌さん フルーツでも食べても良いもの悪いものがあるのですが、いちごは甘いので好んで食べるハムスターも多いようです。ただ水分や糖質などが多いので、与えすぎには注意が必要です。写真や動画でいちご1粒丸ごと持っていますが、全部食べているわけではありません。基本的にはときどきしかフルーツはあげないのですが、バナナも食べる時があります。
――食べ物を食べている時の歌くんの姿は、なんともいえない可愛さがありますが、好きな食べ物は?

音と歌さん キャベツが特に大好きで、可愛くおねだりポーズをしてくることもあります。普段はハムスター用のペレットが主食なのですが、にんじんやキャベツなど、新鮮な野菜が特に食いつきよく嬉しそうに食べています。

――ハムスターを飼い始めたきっかけは?

音と歌さん 実家暮らしの時はペット禁止だったので、いつか動物を飼育したいという憧れがありました。実家を離れ、姉妹で2人暮らしを始めたのですが、妹も親の影響か、動物を飼育することに抵抗がありなかなか許可してもらえずにいました。ある時、SNSでハムスターを見た妹が、「ハムスターだったら飼育してもいいかも」と言ってくれました。姉妹でペットショップに行き、ひときわ可愛く愛想の良い“音”にひと目惚れして連れて帰りました。

ゲージから脱走も…探検や遊びが大好きで元気いっぱい無邪気な性格

――その音くんは、残念ながら昨年10月に永眠。昨年6月に歌くんが家に来た当時、音くんはどんな様子でしたか?

音と歌さん “おや…何か知らない子がいるぞ…”と自分のケージから歌の様子を見つめたり、匂いを確かめたりしていました。

――2匹は仲が良かったのでしょうか?

音と歌さん ハムスターは1つのケージで飼育するとケンカするため、それぞれ別のケージで飼育し、ほとんど対面させたことはなかったです。ときどき会わせると、音は不思議そうに見つめ、歌は気にせず遊びまわっていた記憶があります。
――ハムスターは言葉が話せませんが、コミュニケーションが取れていると感じる瞬間はありますか?

音と歌さん あります。「お外に出たいよ!」とケージを舐めてアピールしたり、私がおやつに触ったら「チュ!」っと鳴いて怒ったりすることもあります。2匹ともに甘えん坊で、何をして欲しいのかとてもわかりやすい性格です。

――ハムスターと暮らして生活や心境の変化はありましたか?

音と歌さん 動物に対する愛護心がとても芽生えました。それぞれの動物にとって、良い環境で生活できるのか、いかに知識を身につけて育てることが大切か、いろいろと学ぶ日々です。朝起きた時、ハムスターも起きてきてアピールしてくれたり、手のなかで眠っている時や美味しそうにご飯を食べている時など、日常のいろんな姿がどれも愛おしく、癒しになっています。
――ハムスターは、それぞれ性格が違うのでしょうか?

音と歌さん 2匹ともジャンガリアンハムスターの男の子なのですが、ぜんぜん性格が違います。音はおっとり穏やかで、あまり活発ではなく、マイペースな性格です。どこでもすぐ眠るような子でした。一方の歌は探検や遊びが大好きで、ご飯も大好きな元気いっぱいの無邪気な性格です。

――写真を撮る際に気をつけていることはありますか?

音と歌さん 無理やり撮影するのではなく、自ら外に出たいと言った時や、おやつを要求された時に撮影しています。必ず周りに危険なものがないか確認し、無理なく撮れる範囲で撮影するようにしています。
――印象的なエピソードはありますか?

音と歌さん 歌が我が家にやってきてすぐの頃、一度だけ脱走したことがありました。明け方に目が覚めた時はケージのなかにいたのに、朝起きたらどこにもおらず真っ青になって家中を探し回りました。好物のペーストを持って15分ほど捜索したら、お腹が減っていたのか、家電の裏からひょっこり顔を出して一目散におやつを目掛けて走ってきた時は、安堵しました。それ以来、ケージは新しいものに変えて徹底的に対策しています。

――今後は、どのように過ごしていきたいですか?

音と歌さん 今後も、健やかに過ごせるよう飼い主として努めながら、たくさん愛情を注いで可愛がっていきたいと思います。
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ