ホーム 恋愛 > “ズボラ女子”がワンナイト前に一戦…自宅の惨状と格闘する衝撃生態に「わかりみが深すぎる」

“ズボラ女子”がワンナイト前に一戦…自宅の惨状と格闘する衝撃生態に「わかりみが深すぎる」

2022/05/19

 スマホ世代の女性が憧れ、実践する「丁寧な暮らし」。そんな自身のライフスタイルをSNSで公開する人も多いが、その真逆を行くようなズボラ生活を投稿している“ずぼらりあんぬ”さん。イケメンから「今日家行っていい?」の言葉にときめいたのも束の間、自宅の惨状を思い出し速攻で片付ける漫画に「分かりみが深すぎる」と共感の声が。通常運転(ズボラ)では他人に受け入れてもらえる気がしないから、毎日必死に擬態しているという彼女へ、ズボラーな日々について聞いた。
 一人暮らし時代を描いた「ズボラーの生態」から始まった彼女の漫画。もともと絵を描くのは好きだったそうで、コロナ禍で時間ができたことからiPadを購入し、再開させたという。「少しフィクションも混ぜているものもあるが、ほぼ実話」と語るずぼらりあんぬさん。自転車でスーパーまで行くときの「ズボラコーデ」をアップした際も「すれ違ったら親近感わく」「あなたは私でしょうか?」と自分自身と重ねる読者からの声が多数寄せられた。
 ズボラエピソードだけではなく、アラサー女子ならではの恋愛事情も投稿。自宅の散らかり具合を彼に見られたくない一心で、床に落ちているものをすべてブルドーザーしてクローゼットへ入れ、布団や毛布をベッドへ蹴り上げる姿がリアルに描かれた。たびたび登場する彼氏だが、彼女のズボラ具合も受け入れてくれているのだろうか。
「一緒に暮らしてある程度改善しましたが、ズボラな部分も受け入れてくれてると思います!」

 ズボラな一面もあるが、仕事も恋愛も全力で取り組む彼女。日々の中で一番楽しい時間を聞いてみると「おいしいものを食べている時が一番幸せ」という答えが。「『ザ!世界仰天ニュース』の仰天チェンジという企画に出てくるぽっちゃりさん達が、好きなものを好きなだけ食べてるのを見るのが好きです(笑)。羨ましいと思ってしまう」と意外な答えが返ってきた。
 最後に、ずぼらりあんぬさんがズボラでよかったと思うことは。
「良いように言うと細かいことは気にしないタイプなので、嫌なことが起きても立ち直りが早いと思います。寝たら忘れます」

ずぼらりあんぬInstagram @zubora_rianne

1 2 >

【漫画】ずぼらりあんぬさんのズボラエピソード

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ