ホーム エンタメ > 黒木メイサ、30代は後輩の“お手本”に「かっこいい部分を見せたい」

黒木メイサ、30代は後輩の“お手本”に「かっこいい部分を見せたい」

30代の抱負を述べる黒木メイサ=『MOET GRAND DAY2018 オープニングセレモニー』 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

30代の抱負を述べる黒木メイサ=『MOET GRAND DAY2018 オープニングセレモニー』 (C)ORICON NewS inc.
 女優の黒木メイサ(30)が8日、都内で行われた『MOET GRAND DAY2018 オープニングセレモニー』に出席。後ろがリボンのようになっている黒いロングドレス姿で登場し、美背中を披露した。

 5月28日に誕生日を迎えた黒木へ、自身と同じ1988年のヴィンテージ シャンパンがサプライズでプレゼントされた。「私が10代後半のときから周りにすごくかっこいい女性たちがいたので、私も下の世代の女の子たちからかっこいいって思ってもらえるようになりたい。お仕事を始めて15年くらいなので、後輩たちに立派な部分を見せたいです」と30代の抱負を述べた。

 イベントではそのほか、黒木の出身地・沖縄県産のフルーツを使ったマリアージュデザートが登場し、黒木がソースをかける仕上げを行った。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R