ホーム グルメ > まさかの“芋けんぴ”トッピング!? 開発者に聞いたスタバ秋フラペチーノのこだわり

まさかの“芋けんぴ”トッピング!? 開発者に聞いたスタバ秋フラペチーノのこだわり

開発担当がこだわったのは“食感”、スタバ秋の新作第2弾は芋けんぴがたっぷりトッピング (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

開発担当がこだわったのは“食感”、スタバ秋の新作第2弾は芋けんぴがたっぷりトッピング (C)oricon ME inc.
 現在、スターバックス コーヒーでは“芸術の秋”をテーマにした商品を展開している。洋梨とキャラメルのマリアージュが楽しめる第1弾に続き、13日より『クリスピー スイート ポテト フラペチーノ/ラテ』が新たに登場。ネットでは発売前から「サツマイモ好きに教えたい」「絶対飲みたい」など期待値が高まっている。秋の味覚・サツマイモを主役に、“食感”のアクセントが楽しめる新作。商品開発を担当したビバレッジ商品開発チーム・東 治輝さんにこだわりを聞いた。

■飲む度に楽しめるカリカリ食感、その正体はあの和スイーツ

 第1弾同様、「季節を感じてほしい」という思いを込めて商品開発に取り掛かったという。秋の食材と言えば“イモ・栗・カボチャ”、その中で、サツマイモを選んだ。「この時期は各社秋の食材を使って商品展開をしてきます。そうした時に、どうスターバックスらしさを出しながら、変化を加えた商品を提供できるかがポイントになります」(東さん)

 『クリスピー スイート ポテト フラペチーノ/ラテ』の最大のポイントは“食感”。サツマイモはこっくりとした甘みが魅力だが、今回はカリッとした食感で人気の「芋けんぴ」を使った斬新なドリンクに仕上げている。

 歯ごたえのある食感と香ばしい風味を出すため、芋けんぴは三度揚げに。一度芋けんぴを作り、そこから粗めに粉砕をし、ザクザクとした食感を味わえるようしている。「選んだサツマイモは、強い甘みとコクが特長の黄金千貫(コガネセンカン)です。芋けんぴでもよく使われる品種なんですよ」(東さん)

■優しい甘みのサツマイモソースが秋らしいほっこり感を演出

 もう1つのこだわりがサツマイモのソース。こちらに使われているのは安納芋。甘味と旨味の強さが人気の品種で、こっくりとした味わいを作り出してくれる。フラペチーノには、芋けんぴをトッピングだけでなく、カップの底にもたっぷり入っているから、ひと口目から最後まで続くカリカリ感で飽きることなくサツマイモを堪能できる。

 涼しくなり温かい飲み物が欲しくなる時期には『クリスピー スイート ポテト ラテ(ホット)』もオススメ。安納芋をじっくりローストしたサツマイモのソースに、エスプレッソショットが加わり、優しい甘みと香ばしさの両方を楽しむことができる。

 スイートポテト色、芋けんぴの食感、香ばしい香りと甘くなめらかな喉越し…五感を使って秋を感じられる新作は、9月30日までの販売。『クリスピー スイート ポテト フラペチーノ』はTallサイズのみ580円、『クリスピー スイート ポテト ラテ(ホット・アイス)』はShortサイズ440円からVentiサイズ560円までをラインナップする。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R