ホーム エンタメ > 内田理央、フェロモンの進化系“ニョロモン”体現 透明感たっぷりのショーツ姿披露

内田理央、フェロモンの進化系“ニョロモン”体現 透明感たっぷりのショーツ姿披露

『ar』11月号に登場する内田理央

[拡大写真]

『ar』11月号に登場する内田理央
 女優・モデルの内田理央が、12日発売の女性ファッション誌『ar』11月号(主婦と生活社)に登場。セクシーなのに透明感たっぷりなショーツ姿、レオタード姿とドキドキが止まらない着こなしを連発で披露した。

 同誌では「フェロモン新時代宣言!」として、フェロモンの進化系=“ニョロモン”を提唱。それを体現するミューズとして、麗しいルックスと抜群のスタイル、そしてディープなサブカル好きとして男女幅広い層から人気を集める内田が起用された。

 内田はビキニの上からざっくりニットを羽織った色気たっぷりカットや、ボディスーツをまとったオトナセクシーカットのほか、男子からモテモテ間違い無しのコーデをまとったカットなど、魅力を存分に発揮、読者からのコミュニケーションについての悩みにも丁寧に答えている。

 同号にはそのほか、森絵梨佳、指原莉乃、久間田琳加、NANAMI、里々佳、ユースケ・サンタマリア、レギュラーモデルの堀未央奈(乃木坂46)、齊藤京子(日向坂46)などが登場。「NiziU」特集では、村上純(しずる)、おばたのお兄さんなどがニジプロ愛を熱く語っている。表紙を飾ったのは女優・モデルの本田翼。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R