ホーム ダイエット・ボディケア > ビール大好き女子の“太らない飲み方”

ビール大好き女子の“太らない飲み方”

ビール大好き女子の“太らない飲み方”

率先して選びたい、低脂質なおつまみってどんなもの?

脂質がタブーなことがわかったけど、具体的にはどんなおつまみを選べばいいのか。おすすめがこちら。
◆焼き鳥(塩)
◆まぐろのお刺身
◆貝や甲殻類のお刺身
◆煮物類(油揚げには注意)
◆赤身のステーキ
もちろんサラダも食べていいし、お茶碗1杯分ぐらいのご飯も許容範囲。けど、チャーハンなどの油を使ったご飯ものは食べすぎに注意が必要です。

ビールと一緒に水をたくさん飲もう!

そしてもう1つ、あまり知られていない対策方法が、ビールと一緒に水を飲むこと。ビールに含まれる糖質は、エネルギーとして使われるには水分を必要とします。お酒でお腹が膨れがちだけど、水も一緒にしっかり摂るのが理想的。
ビールを飲むときに限らず、日頃から水分は積極的に摂取しましょう。量の目安は、体重1kgあたり40mlで計算。

体重50kgの人であれば1日に約2リットル。多く感じるけど、起きている時間で割ると1時間あたりコップ1杯ほど。決して無理な量ではないのでは? 普段から水分を摂る習慣のない人は、まずはコップ半分程度からでもいいのでやってみて。


“糖質制限ダイエット”が人気の昨今、「炭水化物や甘いものを制限すれば、油っぽいものはいくら食べてもいい」なんて勘違いしている人も少なくないはず。

ビールやお酒を飲むときについつい口が欲してしまう“脂っこいおつまみ”は、ダイエットの大敵です。そのことをしっかり念頭に置いて、年明け早々に後悔しない年末を過ごしてみて。
Profile
パーソナルトレーナー
今野 拓也(こんの たくや)

自身の怪我の経験から身体づくりに興味を持ち、大学時代からパーソナルトレーナーとして活動。現在はジムを2店舗運営。20・30代女性をはじめ幅広い年齢層のユーザーに対し、食事やトレーニングのサポートを行っている。好きなお寿司のネタはサーモン。毎晩行う老子の書写が幸せなひと時。

公式サイト:『渋谷パーソナルトレーニングのプライベートジムととのえて、からだ。』

< 1 2

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R

eltha イチオシ特集