ホーム レシピ > “まさにズゴーン” 25cmの巨大スコーンができた怪奇現象に「鈍器ですか?」「お菓子作りのホラー話」

“まさにズゴーン” 25cmの巨大スコーンができた怪奇現象に「鈍器ですか?」「お菓子作りのホラー話」

もはやおせんべい(画像提供:関口かんこさん)

もはやおせんべい(画像提供:関口かんこさん)

 「【怪異】8センチくらいのスコーンを6個焼いたはずなのにオーブンを開けると25センチほどの巨大なスコーンが1個だけ出てきたのです!」という文言とともに投稿された手の平より大きなスコーンが話題に。投稿主は関口かんこ(@pkb5648)さんで、オーブンを開けたとき、その衝撃的な出来上がりに一瞬何が起こったのか理解できなかったという。この投稿には「これを貼れと言われたような気がした」と、型抜きしたはずなのに一体になったクッキーやチョコが溶けて12個が1つになったビスケット菓子「アルフォート」など、さまざまな失敗写真投稿が殺到。リプライ欄は失敗写真大喜利大会に。なぜこのような巨大スコーンになってしまったのか、真相を聞いた。

グズグズになったバナナをスコーンにして消費するつもりが…

――巨大スコーンを見たときのご自身の感想はいかがでしたか。

一瞬理解できなくて「??」という顔をしてたと思います。

――投稿のリプライには「これ、私が焼いたクッキーです」「ワッフル焼いたらこうなりました」「似たような経験してます」など、様々な失敗作とみられる写真と反響コメントが多く見られました。

今回のことはある意味お菓子作りあるあるなので、ある程度共感は得られると思いましたが、私よりもひどい(すみません!)失敗談は本当に勇気が出たし楽しく読みました。

――スコーンを焼いたきっかけは何だったのでしょうか?

大きなバナナが2本グズグズになっていたのでバナナスコーンにして消費してしまおうと思ったのがきっかけです。

――ズバリ、今回の敗因は?

敗因はまさにバナナの量が多すぎて生地がゆるくなったせいでした!

最近の料理の失敗は直径20センチの巨大かき揚げ「魔合体させがち」

友人の子どものために作ったのにあまり喜ばれなかったぬりかべ風葛餅(画像提供:関口かんこさん)

友人の子どものために作ったのにあまり喜ばれなかったぬりかべ風葛餅(画像提供:関口かんこさん)

――巨大スコーン、その後の行方が気になります。

責任をもっていただきました(笑)。実は味のほうはバナナが効いていて大変美味しかったのです! 大成功と言えるかも! ただ、生地がゆるかったのでしっとりしていてスコーンというよりはバナナマフィンのようでした…。

――他にも料理に関する失敗で、印象的なエピソードがあればお聞かせください。

先日小さなかき揚げを作ろうしたのですが、5個分くっついてしまって直径20センチくらいの巨大なかき揚げが出来ました! 魔合体させがちです(笑)。

――スコーンリベンジの予定はありますか。

スコーンは頻繁に作るので近いうちにまた作るでしょう。あと最近は世界の家庭料理に興味があって馴染みのないスパイスや食材に挑戦したいと思っています!
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)