ホーム 恋愛・暮らし > 「娘の幼稚園の先生と夫が不倫」、義理の両親とも揉めて…“家族崩壊”の行方

「娘の幼稚園の先生と夫が不倫」、義理の両親とも揉めて…“家族崩壊”の行方

 高校からの付き合いで結婚に至った夫の不倫が発覚。しかも相手は、娘が通う幼稚園の先生だったという。ショッキングなエピソードをまとめた実話をInstagramに投稿したひよりさんは、「まさかうちの夫が…」と信じられない様子だったと語る。夫の言動に信頼は薄れ、さらに義理の両親とも揉めることになったという彼女に、裏切られた当時の心境と、離婚するのかしないのか…ギリギリまで悩んだ選択について、想いを聞いた。

漫画『娘の先生との最低な不倫』フォトギャラリー

>> Photo Galleryをもっと見る

「一度は再構築を選んだものの…」2度目の不倫発覚に絶望

――夫の不倫相手が、娘が通う幼稚園の先生だったというショッキングなエピソードです。

ひよりさん信頼して子どもを園に預けている身としては、保護者と不倫するなんてどんな神経をしているんだと思いました。のちに転園させたのですが、子どもがとても楽しそうに過ごしていた園だったので、大人の都合で離れることになってしまったのがとても心苦しかったです。

――旦那さまとは、高校の頃からの付き合いでご結婚されたとか。お付き合いも長い関係だと思うのですが、不倫を発見したときの心境を改めてお聞かせください。

ひよりさんとにかく衝撃でした。既婚者が不倫だなんて噂には聞くけれど、まさかうちは大丈夫だろう…、という気持ちがあったんだと思います。また、私自身付き合いが長いこともあり、彼のことを信頼していました。なので、「なぜ」「どうして」という気持ちが強かったのを覚えています。

――別れを決断することになりますが、その決断にいたった決定打は?

ひよりさんじつは元旦那の不倫は1回ではありませんでした。最初に不倫を発見して、一度は再構築を選んだんです。娘のことも考えて、今後について前向きに考えていこうというタイミングで、2回目の不倫が発覚。それが決定打でした。前向きな気持ちになった矢先に裏切られたことで、気持ちが完全に冷めてしまったんです。

――子どもから父親を奪っていいのか…という葛藤もあったと思います。

ひよりさんもちろん、娘にとっては大好きな父親に変わりはないので、かなり悩みました。話が理解できる年齢でしたので、この事実を分かりやすく伝えようと思いました。自分の大好きだった父親を悪く言われるのは、娘にとってもつらいと思いますので、私からは元旦那の悪いところを言わないよう気をつけています。

「孫が取られる!?」義母が娘を“連れ去り”、義父母との関係も崩壊

――不倫されたエピソードを小説にしてInstagramに投稿。現在は漫画化されて、ますます注目を集めています。そもそもご自身のエピソードをSNSに投稿しようと思ったいきさつは?
 
ひよりさん恥ずかしながら、まさか自分がこんなに不倫に悩むとは思っておらず…、このエピソードをSNSで読者のみなさんと共有してみたいと思ったのがきっかけです。

――エピソードを投稿したことで、心境の変化はありましたか?

ひよりさん物語を更新するたびに、フォロワーのみなさんからたくさんの応援の言葉や、相談のDMをいただきました。同じように不倫で悩まれている方がこんなにいるんだと驚きましたが、仲間がたくさんできたようで嬉しかったです。

――不倫の問題は、たとえ離婚や慰謝料などで“解決”しても、精神的なダメージはずっと残るのでは?

ひよりさん精神的な負担で言えば、不倫に悩んでいた頃の方がよっぽど精神不安定だったと思います(笑)。今は娘とふたり、楽しく暮らしています。さすがに離婚してしばらくは、自分もいけなかったのではないかと落ち込みましたが、時間が経つにつれて気持ちも落ち着いてきました。時間が解決してくれるのは本当だったんだなと実感しています。

――義父母から、「離婚はやっぱりやめにしないか」と説得されました。孫と離れ離れになるという不安からか、勝手に幼稚園へお迎えに行くなど乱暴なシーンも…。家族の在り方も考えさせられました。

ひよりさん一連の騒動で、結婚して家族になったと言っても、義父母は所詮他人なのだなと痛感しました。とくに、自分勝手な理由で娘を奪おうとしたのは許せませんでしたね。家族とは、相手の気持ちに立って考え続けられる人のことを呼ぶのではないかと。自分ごとでしか物事を考えられなくなったら、それはもう家族と呼べないのでは…と思いました。

――本作は、幼稚園の先生との不倫エピソードのほかに、また別の女性問題が浮上します。巻き込まれたひよりさんの波乱な人生がうかがえますが、つらい思いをされた一方で、あえて“得たもの”を挙げるとしたら?

ひよりさん「娘」ですね。どんなに最低な旦那でも、もし彼と結婚していなかったら大切な娘には出会えませんでした。もし、全ての記憶を持ったまま過去に戻ってやり直せるとしても、娘に会うためにもう一度結婚するかもしれません(笑)。

――不倫に悩む人に声をかけるとしたら?

ひよりさん不倫された時、まず悩むのは“離婚するかどうか”だと思います。実際、SNSのDMでも、「こんなことがあって・・・離婚した方がいいでしょうか?」という相談をたくさんいただきます。結論から言うと、離婚してもしなくても、多少の後悔は残ると思います。どうせ後悔するなら、自分で決めた道を進んでいくのが一番いいのではないでしょうか。

――離婚は負担も大きいです。

ひよりさん金銭面の負担だけではないし、綺麗事ではやっていけません。それでも覚悟を決めたなら、きっと周りに応援してくれる人はいます。ひとりで悩まず、信頼できる友人や両親を頼るのが大切かなと、経験してから実感しましたね。

Instagram:サレ妻ひより(外部サイト)
ブログ:(外部サイト)

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ