ホーム 動物&ペット > ふと”犬の気持ち”を考えた飼い主の投稿に反響 旅館の客室でころんと横になったコーギーの本心とは

ふと”犬の気持ち”を考えた飼い主の投稿に反響 旅館の客室でころんと横になったコーギーの本心とは

2022/02/20

飼い主さんと一緒に宿泊した旅館の客室で寝転がる、コーギーのスピカちゃん(画像提供:@vc10derness)

飼い主さんと一緒に宿泊した旅館の客室で寝転がる、コーギーのスピカちゃん(画像提供:@vc10derness)

 犬も泊まれる温泉旅館で、くつろいでいるように見えるコーギーの写真がツイッターで反響を集めた。実際に犬はくつろいでいるのか…? 飼い主さんは「犬も泊まれる温泉旅館、犬からしてみれば別に湯に浸かれるわけでもなく、単なる知らない部屋である」と言葉を添えていた。この投稿には「確かに(笑)」「知らない部屋なのに、このくつろぎっぷり…」「でも、犬にとって家族に置いていかれないのは大事だったりする。それも飼い主のエゴなのかな…」など様々な声が。愛犬との宿泊でどのような想いを抱いたんか、飼い主さんに話を聞いた。

飼い主さんがふと考えた犬の気持ち「温泉とか知ったことじゃないよな」

 写真は、北海道在住のウェルシュ・コーギー・ペンブロークのスピカちゃん(1歳半)。写真は、飼い主さんと客室で一息したときに撮影したものだという。

ーー今回の温泉旅館をどのように見つけられたのですか?

「スピカを飼う前、妻と泊まって気に入っていた温泉旅館があり、再度行きたいなと思っていました。ペットと宿泊できるプランもあり、スピカを迎えた頃からいつか2人+1匹で行ってみようと話していたところ、都合がついたのがこのタイミングでした」

ーースピカちゃんが客室で、自分の家かのようにくつろいでいる写真自体も反響を集めていました。

「反応の数に驚いています。湯に行っている間、スピカは客室に置いたケージ内でで留守番だったのですが、ふと、犬からしてみれば知らない建物でいきなりの留守番だよな、温泉とか知ったことじゃないよなと思い、ああいう投稿になりました。
写真は、飼い主が部屋に戻って安心したのか、ころんと横になったところを撮ったものです」

ーー旅館でのスピカちゃんは、ロビーで従業員や他のお客さんになでてもらって上機嫌な様子だったそうですね。

「旅館にも看板犬がいるためか、皆さん犬にフレンドリーでした。ロビーも犬連れOKで、スピカは通りがかった従業員や他のお客さんに撫でてもらっていました。人と遊ぶのが大好きな子なので、構ってくれる人には飛びついて匂いを嗅ぎ、構ってくれない人にはお座り&目線で『遊んで』の圧を送り、のびのびとさせてもらえました。

 お部屋も広くて過ごしやすかったのか、すぐに慣れて落ち着きました。ただ、寝具には犬を上げないようにというルールだったので、スピカはベッドに上ろうとするたびに『ダメ』と言われ、家とのルールの違いにやや戸惑っている様子でした」

「新しいふかふかの雪を見つけては、飛び込んでラッセルしています」

ーー雪のなかを散歩しているのも印象的でした。

「北海道在住で、旅館があるのは糠平温泉郷(上士幌町)です。温泉街を散歩している最中に、エゾシカにも遭遇しました。散歩デビューしたのが冬、それも積雪期だったので、雪は好きなようです。冬の間、新しいふかふかの雪を見つけては、飛び込んでラッセルしています」

ーースピカちゃんのどんな仕草が可愛いと感じますか?

「好奇心旺盛のくせにビビりで、おまけに甘えん坊です。特定の仕草がというよりも、犬から世界はこう見えてるのかな、と感じる瞬間を愛おしく感じます。風ではためくカーテンの裏に何かあるのか毎度確かめに行ったり、シャンプー後ひとりでにファンヒーターの前に行って体を乾かしていたり、妻と同じ服を着ている人を見かけるといちいち確かめに行ったり…」

ーースピカちゃんに、これからどのように過ごしてほしいですか?

「健康でいてほしい、に尽きます。その上で、飼い主が自己満足でやってるあれこれが、犬の幸せといくらか重なってたらいいな、と思います」

飼い主さんTwitter:https://twitter.com/vc10derness
スピカちゃんが宿泊した旅館は、糖平温泉中村屋。ペットとの宿泊は予約が必要です。

1 2 >

タグ
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ