ホーム レシピ > 「弁当箱は15年ものです!」毎日キッチリ180gのご飯、アラカンオットの体をいたわる”まげわっぱ弁当”

「弁当箱は15年ものです!」毎日キッチリ180gのご飯、アラカンオットの体をいたわる”まげわっぱ弁当”

2022/03/27

まげわっぱに、彩り豊かなおかずが並ぶ

まげわっぱに、彩り豊かなおかずが並ぶ

 まげわっぱに、焼肉、出し巻き卵、アスパラガスの和え物…彩り豊かなおかずが並ぶ。お米は毎度、キッチリ180gに定められている。「代謝が落ちてきつつある」アラカンの夫のためのお弁当で、料理研究家の井上かなえさんが自身のインスタグラムに投稿。「#アラカンオット弁当」として反響を集めている。まげわっぱで夫への弁当を作る意図とは? 井上さんに話を聞いた。

朝の15分で仕上げる”まげわっぱ”弁当「地味なおかずでも美味しそうに見える」

ーー“アラカンオット弁当”を作る際、おかずのラインアップで意識していることをお聞かせください。

「前夜のおかずを入れることもあれば、材料を取り分けて置いて、同じ材料で別のお料理を作ることもあります。たんぱく質をしっかりと摂ると腹持ちが良いので、野菜ばかりにならないように意識しています。オットは鶏むね肉が好きなので、よく入れるようにしています。逆に芋類はあまり好きではないので、連日入れていると苦情が入ります」

ーー投稿写真には、ごはんのg数が表示されている写真も。ごはんの量にはどのようなこだわりがありますか?

「若い頃と違って、代謝も落ちてきつつあるので、以前と同じように食べていたら太ります。お腹周りを気にしているようだったので、ご飯の量を量るようにしました。あと、読者さんから『何グラムですか?』『お弁当の量はそれで足りますか?』などとよく聞かれるので載せることにしました」

ーーお弁当完成までにどのくらいの時間がかかりますか?

「朝は平均すると、だいたい15分くらいで仕上げています」

ーー“アラカンオット弁当”の容器として「まげわっぱ」を使用している回数が多いように思います。他のお弁当箱とは異なる魅力はどのようなところにありますか?

「素材の通気性が良く、時間が経ってもごはんがふっくらとしたまま食べることができるので、冷めても美味しい、冷めたから美味しい、お弁当になります。また、地味なおかずでも美味しそうに見える!(笑) 丁寧に大事に扱えば、一生ものなので、高価でもその価値があると思います。オットのお弁当箱は、15年ほど使っています」

無邪気なオットとの関係「上手に褒めたたえると出来ることも増える」

 井上さんのブログ「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」やインスタグラムでは、家族との日常的なやりとりも反響を集めている。

 ある日、会社の人から「”いつもお弁当豪華ですね”と褒められた」と報告したオットは「弁当箱が木でできているからかな」と無邪気な一言。「弁当箱のおかげかい!!」と心の中で突っ込む井上さんの一言でオチがつき締めくくられているが、投稿には「人様の旦那さんだと、こんなにも微笑ましくなるのはなぜだろう」「照れ隠しなんでしょうね〜」「うちの嫁さん、すごいでしょって自慢してほしい」と反響(反論?)のコメントが多く寄せられていた。

ーーご家族のなかで、オットさんはどのような立ち位置となっていますか?

「今どきの若い人の家族とは違って、子育てや家事などはすべて基本的には私が一人でしてきました。オットは基本的には何もしませんが、長年一緒にいるうちに徐々にコーヒーを淹れられるようになったり、トイレ掃除ができるようになりました(ごくたまに、ですが)。たまにするとみんなで褒めたたえるので、自分はとても家のことに参加している!つもりなのかもしれませんね(笑)。上手に褒めたたえると出来ることも増えてくるような気がします」

ーーお弁当を作り続けた年数は、何年になりますでしょうか?

「途中ブランクもあるんですが、24年くらいでしょうかね。息子を保育所に預けて働くお母さんだったころ(息子は現在26歳)からお弁当を作っています」

ーーお仕事でも普段の家事でも、料理をする機会がたくさんあると思います。「もう無理!」と爆発してしまいそうになるときはありますか? どのようにバランスをとっていますか?

「コロナ禍になる前は、友人とよくランチへ行ったり、飲みに行ったりしていました。東京での仕事も多かったので(兵庫県在住)、一人での新幹線の往復や、読書の時間、ホテルに滞在するのもストレス解消になっていました。ジムやプール付きのホテルステイは特におすすめです! 美味しいもの食べて一人で運動し、ゆっくり寝ればストレス解消になります」

ーー井上さんにとって、料理をする時間はどのような時間となっていますか?

「基本的には料理は趣味のようなものなので、何時間でも飽きずに集中して台所にこもって実験しているのが好きです。納得するものができるまでずっと料理し続けているのですが、美味しいものが出来あがったときは達成感がありますし、読者さんに美味しいと言ってもらえると嬉しいです」

母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
https://inoue-kanae.blog.jp/ 
Instagram:https://www.instagram.com/kanae.inoue/
タグ
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ