ホーム 恋愛 > 「夫の不倫相手は友だち」信頼していた友人と夫に裏切られ…サレ妻が仕掛けた反撃とは?

「夫の不倫相手は友だち」信頼していた友人と夫に裏切られ…サレ妻が仕掛けた反撃とは?

 友だちのSNSでの“匂わせ”投稿がきっかけで、旦那と不倫していたことが発覚。壮絶な修羅場を綴った『夫の不倫相手は友達でした。』がInstagramで話題を集めている。まるでドラマのようなドロ沼展開に、作者のつきこさんは当時の心境について「何をされるかわからない恐怖…」と語る。不倫に悩み、乗り越えた経験について話を聞いた。

【不倫漫画】『夫の不倫相手は友達でした。』フォトギャラリー

>> Photo Galleryをもっと見る

信頼していた友人に裏切られて絶句「携帯を持つ手が震えた」

――Instagramに投稿した実話の小説。漫画化したものも発表しています。そもそも、不倫の経験を投稿しようと思ったきっかけは?

つきこさんInstagramで、同じように“サレ妻”として苦しんでいる方の実体験の漫画を読みました。漫画は描けないけれど、文字だったら…と思って始めてみました。

――早々に、たくさんの反響が集まったようです。

つきこさん私の体験に共感してくれるコメントもありました。あまり周囲にペラペラと話すような内容ではなかったので、聞いてくれる人が現れたようで心が楽になりましたね。また、自分の経験を話してくれる方もいて、「苦しんでいたのは自分だけじゃなかったんだ」と、とても勇気づけられました。

――友だちの“匂わせ”投稿がきっかけです。背景に見える見慣れた小物や、見切れている男性の靴下など、ギリギリの写真でしたが…。

つきこさん匂わせを発見したときは、携帯を持つ手が震えました。信用していた友人だっただけに、言葉で表せないほどショックでした。浮気や不倫のドラマを観たことがありましたが、「こんなこと、自分に起こるはずがない」と思っていたので、浮気だと確信してからも、なんだか現実味がなく信じられませんでした。

――その時、つきこさんは妊娠していたそうですね。つらい状況だったと思います。

つきこさん協力してくれる友人や、絶対的な味方でいてくれる両親がいたことが、何よりの支えになりました。夫の不倫を発覚したときは、すでに妊娠していたので、かえって「この子だけは守らないと」という気持ちでいることができたのかもしれません。

暴走する不倫女は「誰にでもこうなる可能性がある」

――不倫相手の友だちは不倫発覚後、ストーカー行為ともとれる行動でじわじわと“暴走”していきます。

つきこさん最初は、これ以上自分の立場が悪くなるようなことはしてこないだろうと思っていたんです。でも、精神的に限界を迎えている姿を目にして、何をされるかわからない恐怖に変わりました。二度としたくない体験ではありますが、軽い気持ちで踏み外してしまった出来事の先に、誰にでもこうなる可能性はあるのかもしれない…とも思っています。

――旦那さんとは「再構築」の道を選んだわけですが、決断するまでの心境は?

つきこさん出産を控えていなければ、すぐに離婚を決めていたかもしれません。一人で子どもを育てていくのか、再構築して二人で育てるかは、迷いに迷いました。不倫相手が暴走したとき、夫がいなければ大変なことになっていた…という場面も経験したので、もう一度やり直してみようと決意しました。

――Instagramでは、読者の不倫エピソードを紹介して、その恨みを晴らす「怨念焼却炉」も連載中ですね。

つきこさん最初は質問箱でエピソードを募集して、ストーリーズから一言を添えて返していく…という内容でしたが、想像以上の質問をいただけたんです。ストーリーズを見ない方のためにもコーナー化しようと思って、スタートしてみました。私と同じように、読者に共感してもらうことで、投稿者の心が少しでも楽になれたらいいなと思っています。

――不倫に悩む人にアドバイスを送るとしたら?

つきこさん理不尽な苦しみを受けて、とても苦しくてつらい日々を過ごしていると思います。私も、何度も心が折れそうになりましたが、“シタ夫”に私の人生を台無しにされてたまるか、と思うことで、なんとか踏ん張っていけました。なかなか周りに相談しづらいことだと思いますが、同じような経験に苦しむサレ妻さんは多いです。

――SNSでは、本当に多くの方の「不倫エピソード」が投稿されています。

つきこさんじつは最近、ブログも始めました。せっかくたくさんの方にご覧いただけているので、今後は自分自身の体験だけでなく、自分と同じような境遇の方の役に立つような情報を発信していきたいんです。たとえば「浮気や不倫の調査について」「裁判や探偵について」だけでなく、SNSで体験を投稿したい方のために、「画像の作り方」とか「アカウント運営の工夫」などの情報もお届けして、サレ妻さんたちが困ったときの拠り所となるような場所を築いて行けたらいいなと思っています。
 今は色々な方法があるので、ぜひ“シタ夫”を見返す人生を歩んでほしいです。

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha イチオシ特集

eltha(エルザ by オリコンニュース)