ホーム エンタメ > 倉科カナ、熊本の母と毎日電話 監督から家族思いな一面明かされる

倉科カナ、熊本の母と毎日電話 監督から家族思いな一面明かされる

2018.10.22 19:16

 女優の倉科カナが22日、都内で行われた映画『あいあい傘』公開直前舞台あいさつに登壇した。劇中では、互いを思いながらも一緒に暮らすことができなかった父と再会する娘・さつきを演じた倉科だが、宅間孝行監督は「カナちゃんはすごく家族思い。この役とリンクしていて、お母さんのことを大事にしてて毎日電話してるんですよ、熊本のお母さんに」と倉科の家族思いなエピソードを披露した。

 この日は、25年前に姿を消した父・六郎を演じた立川談春、さつきと偶然出会って運命を感じ力にな...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R