ホーム グルメ > 困ったらコレ! 手土産でハズさないワイン銘柄 <シャンパン・赤・白・ビオ>

困ったらコレ! 手土産でハズさないワイン銘柄 <シャンパン・赤・白・ビオ>

困ったらコレ! 手土産でハズさないワイン銘柄 <シャンパン・赤・白・ビオ>

ホームパーティで重宝! 和食にも合う赤ワインはコレ!

赤ワインは和食に合わせにくいと思われているけど、そうとも言い切れません。家庭料理から、寿司や生臭くなりがちなホヤ、ウニ、塩辛といった生ものにまで合う万能な赤ワインが、サンジョベーゼ100%の『ル・マチョーケ』
イタリア3大銘柄として知られる『ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』と同じ土壌、同じブドウでつくられていて、違いは熟成年数が短いだけ。どんな料理にも合う、ホームパーティで重宝すること必至の銘柄です。

肉料理を盛り上げる♪ ハズさない赤ワイン2銘柄

では、肉料理に合う赤ワインを2つ。どちらもコート・デュ・ローヌ産のシラー100%ですが、とてもエレガントな味わいが特徴。
クラップの『コルナス・ルネッサンス』は、15年前の若木が育って“今がちょうどいい飲み頃”と注目されている銘柄です。シラーはワイルドな品種だと思われがちですが、ピノ・ノワールに匹敵するエレガントさが味わえます。


オジェの『コート・ロティ』は、かつてパーカーポイント(※)100点を獲得したこともあるほどの格別なラベル。しっかりしたタンニンとスパイシーさは、鴨や羊、赤身肉や鹿などのクセのある肉にもぴったりです。
(※パーカーポイント:世界で最も影響力のあるワイン評論家ロバート・パーカーによる100点満点で表すワインの評価方法のこと。)

自然派の人にあげたいビオワイン

最後におすすめのビオワインを。
「アントワーヌ・アレナ」という“コルシカ島のビオの神”と称される生産者がつくったワイン『アレナ・パトリモニオ』
ニエルッキオ(サンジョベーゼ)100%で色が濃く、酸と渋みがしっかりとありつつも、まろやかな味わいです。特有のビオっぽさが感じられないため、誰が飲んでもおいしく味わえます。自然派の方への贈り物にぜひ。
数ある中から気に入る銘柄を選び抜くのは、なかなか難しいこと。ここでは、“絶対にハズさない”シャンパン、赤ワイン、白ワイン、ビオワインを厳選して紹介しました。手土産ワインを買うときには、ぜひ参考にしてみて。
紹介したワインが買えるお店:横浜君嶋屋

Profile
江口まゆみ

神奈川県鎌倉生まれ。早稲田大学卒。1995年より、「酔っぱライター」として世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本中の酒のつくり手をたずねる旅を続ける。旅をした国は20カ国以上、訪ねた日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウイスキーの現場は100カ所以上。JCBA認定ビアテイスター。SSI認定利酒師。JSA認定ワインエキスパート。酒に関する著書多数。近著は「ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び」(平凡社)
公式サイト:酔っぱライタードットコム

< 1 2

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ