ホーム エンタメ > 息子が寝た隙にせっせと制作…シルバニアは「毎日の活力」、育児中ママが紡ぎ出す“癒しの世界観”

息子が寝た隙にせっせと制作…シルバニアは「毎日の活力」、育児中ママが紡ぎ出す“癒しの世界観”

 「やめてーーー!!!昨日買った2000円分のお菓子がーーー!!!」というコメントとともにTwitterに投稿されたシルバニア人形の写真が話題となっている。投稿主はひよこさん(@h1natan0h1y0k0)。大量のお菓子を自分たちの家へと運び込むシルバニアの赤ちゃんたちの大行列を撮った一枚だ。12.1万件ものいいねを集め、「赤ちゃんの行列〜〜、可愛すぎます」「幸せすぎる世界」「この子たちになら盗られてもいい」などと多くのコメントも寄せられている。シルバニアにハマったきっかけや投稿アイデアの着想方法などについて話を聞いた。

【シルバニア】育児中ママ・ひよこさんが紡ぎだすほっこりシルバニアフォトギャラリー

  • お菓子をせっせと運ぶシルバニアの行列!(画像提供:ひよこさん)
  • お菓子をせっせと運ぶシルバニアの行列!(画像提供:ひよこさん)
  • お菓子をせっせと運ぶシルバニアの行列!(画像提供:ひよこさん)
  • さぁ!年末はみんなで大掃除だー!!(画像:ひよこさん)
  • さぁ!年末はみんなで大掃除だー!!(画像:ひよこさん)
  • さぁ!年末はみんなで大掃除だー!!(画像:ひよこさん)
  • お団子にも大変身!(画像提供:ひよこさん)
  • スイカバー…!?(画像提供:ひよこさん)
  • 6Pチーズになったマシュマロネズミの赤ちゃん(画像提供:ひよこさん)
  • マシュマロになったマシュマロネズミの赤ちゃんたち(画像提供:ひよこさん)

>> Photo Galleryをもっと見る

「もう一度集めたい!お洋服も作りたい!」 気づくとシルバニアの沼にハマッていた

――シルバニアファミリーへの熱が再燃して1年とのことですが、ハマったきっかけを教えてください。

ひよこもともと幼い頃からシルバニアファミリーで遊んでいたのですが、その後は実家のクローゼットにしまっていました。妹と2人のものだったので、結婚後に勝手に新居には持って行けなかったんです。ただ、妹の結婚が決まり、母から「この家にあるあなたたちの物は全部持って行って」と言われ、シルバニアファミリーも分けることになりました。その仕分けの最中に懐かしさがこみ上げてきて、「もう一度集めたい!」と思ったのがきっかけです。

――思い出に浸ってしまうときってありますよね。

ひよこその後、SNSに上げてみようと軽い気持ちでTwitterを始めたところ、シルバニア好きの同士がたくさんいることを知り、とても嬉しくなりました。そこからシルバニアに関する情報やシルバニアのかわいいお写真などを目にするようになり、「もっと集めたい!お洋服を作ることもできるんだ!一緒にお出かけも楽しそう!」と、どんどんと沼へと落ちていきました。

――ひよこさんが考える「シルバニアの魅力」は、どういったところにあるのでしょうか?

ひよこ1年を通して色んな行事を一緒に楽しめるところです。公式からもイースターやハロウィン、クリスマスの可愛い家具やお人形が販売されていますし、自分でオリジナルのお洋服や小物を作って合わせるのも楽しいです。そして、色んな方々の個性的なシルバニア写真をSNSなどで見ることができるのも醍醐味ですね。どんな行事も表現できるので、シルバニアファミリーは無限の可能性を秘めていると思います。

手に乗せたときの衝撃が忘れられない…マシュマロネズミの三つ子ちゃんが持つ魅力

――シルバニアの赤ちゃんたちがお菓子を運んでいく投稿が話題となりましたが、あのアイデアはどのように着想したのですか?

ひよこ息子と散歩をしているときに、アリの行列が目に入ったことがきっかけでした。帰宅して息子とおままごとをしながら、この食材をシルバニアがアリの行列みたいに運んだら可愛いんじゃないかと思ったんです。でも、おままごとの食材では大きいので、お菓子にしてみました。お菓子はパッケージも可愛く、シルバニアとの相性もとってもいいんですよ。

――ひよこさんは現在、育児中とのことですが、シルバニアとの時間はどうやって作っているのでしょうか?

ひよこ息子が寝たときですね。お昼寝と夜寝た後に遊んでいます。製作中のときには夜更かしをすることも…。1歳の息子は、シルバニアを見つけると目をキラキラと輝かせて、欲しいと泣いて訴えてきます。本当は一緒に遊びたいですが、小物は危ないですし、お人形もぐちゃぐちゃにされるので、なるべく見つからないようにするしかないんです。息子には私と同じようにシルバニアを愛してほしいので、思いっきり一緒に遊べる年齢になるのが待ち遠しいです。

――ひよこさんの投稿は、フェルトを使ったキノコや栗、オバケなどのシルバニアたちのコスプレが印象的ですが、今までの作品で思い入れのあるものはどれですか?

ひよこ一番思い入れがあるのは、初めて作った「6Pチーズの着ぐるみを着たマシュマロネズミの小さい赤ちゃんたち」です。6Pチーズを食べたときに、大きさがちょうどマシュマロネズミの小さい赤ちゃんサイズだなと思ったんです。包み紙をそのまま写せば型紙を作れるかもしれないと思い、いざ作り始めたら意外とフェルトが縫いやすいことに気づきました。裁縫は得意ではなかったのですが、自分でも可愛い着ぐるみが作れるんだと自信を持てた作品です。

――シルバニアコレクションの中でも、特にお気に入りの人形があれば教えてください。

ひよこやはりマシュマロネズミの小さい赤ちゃんたちです。私の家には9人いるので、マシュマロネズミのみつごちゃん×3セットになります。みつごちゃん1セットを去年のクリスマスに夫からプレゼントしてもらったのが始まりなのですが、手に乗せたときにその小ささに心を奪われました。その後に、「この子たちをもっと増やしたい」と思い、あとの2セットは自分で買いました。今でももっともっと増やしたい願望があります。

――最後にひよこさんにとってシルバニアファミリーとは何でしょうか。

ひよこ生きる原動力です。毎日制作の予定を立てて達成していく。シルバニアに触れられなかった日は不機嫌になったりもします(笑)そのくらい毎日の活力になっているんです。そしてお人形は自分の子供のような存在ですね。可愛いお洋服をいっぱい作ってあげたいし、一緒に旅行にも行きたい。傷がついたらとても悲しいです。そしてシルバニアの可愛さを自慢したくなります。

 ずっと一緒にいたい大切な家族です。

Twitter:ひよこ@h1natan0h1y0k0
Instagram:ひよこh1natan0h1y0k0

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)